ベイビー・ブローカーあらすじは?是枝裕和監督最新作映画の内容をわかりやすく解説

エンタメ

2022年6月24日に、是枝裕和監督の最新作映画「ベイビー・ブローカー」が公開されますね。

カンヌ国際映画祭への正式出品作品となるなど、公開前から話題ですよね。

ベイビー・ブローカーと聞いてもあまりイメージがわかないかもしれません。

是枝監督の最新作映画「ベイビー・ブローカー」のあらすじを、わかりやすく解説します。

ベイビー・ブローカーあらすじは?是枝裕和監督新作映画の内容をわかりやすく解説

ベイビー・ブローカー公式サイトのあらすじはこちら。

ランドリーを経営するも常に借金に苦しんでいるサンヒョン(ソン・ガンホ)とベイビー・ボックス(匿名で赤ちゃんを預けるシステム)施設で働く養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。二人の裏の顔は、赤ちゃんをこっそり連れ去り売却するベイビー・ブローカーでした。

激しい雨が降るある日の夜、彼らはベイビー・ボックスに置かれた赤ちゃんをこっそりと連れ出す。しかし翌日、母親ソヨン(イ・ジウン)が赤ちゃんウソンを探しに来る。子どもがいなくなったことを知ったソヨンが警察に通報しようとすると、正直に連れ出したことを打ち明ける2人。

ウソンを育てる義両親を探すためのことだったと弁明するのが精いっぱいだが、ソヨンがウソンの新たな親を探す旅路にサンヒョンとドンスも同行することになる。
一方、このすべての過程を見ていたスジン刑事(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)。半年間の捜査の決定的な証拠をつかむため、彼らの後を静かに追っていく…。

簡単に説明すると、金銭的に裕福ではない二人組がベイビーボックス(赤ちゃんポスト)から赤ちゃんを連れ去り、売却する仕事をしています。

ある日赤ちゃんを置いていった母親が、翌日思いなおして赤ちゃんを迎えにきたところいなくなったことに気付きます。

赤ちゃんがいなくなったことを警察に通報しようとしたところ、二人組に連れ去ったことを告白されます。

母親は自分の子供を育ててくれる家族を探す旅に、二人組と共に旅立つことになりました。

その後ろからは、長年ベイビー・ブローカーを検挙しようとしていた警察が4人を追っていました。

ベイビーボックスとは

韓国の「ベイビーボックス」とは日本で言うところの「赤ちゃんポスト」のことです。

赤ちゃんを様々な理由で育てられない親が、匿名で赤ちゃんを預けるシステムですね。

2009年にソウルの共同体教会が未婚の父母や、産みの親が育てられない場合に赤ちゃんをを置いてゆく「ベビーボックス」を設置し、以後10年間で1,600人の棄児を保護してきたそうです。

日本と同じく、韓国内でも育児放棄を助長しているという批判が出ています。

日本の「赤ちゃんポスト」は2007年に設置され、赤ちゃんポスト先進国のドイツのシステムを採用しているそうです。

韓国にも赤ちゃんポストがあるとは驚きですよね。そして1600人以上の命が助かっていること、とても感慨深いです。

ベイビー・ブローカーあらすじは?是枝裕和監督新作映画の内容をわかりやすく解説まとめ

金銭的に裕福ではない二人組はベイビーボックス(赤ちゃんポスト)から連れ去った赤ちゃんを売却する「ベイビー・ブローカー」という仕事をしています。

赤ちゃんをベイビーボックスに預けた母親と、その赤ちゃんと、その赤ちゃんを連れ去ろうとした二人組の4人が、赤ちゃんを育ててくれる両親を探す旅の物語です。

その後ろには、ベイビーブローカーを検挙するために警察官二人が追っています。

是枝監督の最新作「ベイビー・ブローカー」、あらすじの内容としてもとても気になりますね。

公開が楽しみです!

ベイビー・ブローカーのキャストについてはこちら。

ベイビー・ブローカーキャストは?是枝裕和監督作品の韓国人キャストをわかりやすく解説 | まこアンテナ (makoganba.com)

コメント

タイトルとURLをコピーしました