夫婦円満レシピ原作ネタバレあらすじは?最終回結末は志保と浩介が復縁する?

番組

夫婦円満レシピ原作ネタバレありで結末がどうなったのか、あらすじも気になりますよね。

夫婦円満レシピが2022年10月に放送開始・制作発表がありました!

夫の浩介(千賀健永)はイケメンで優しく、娘はまだ幼いけれどとても可愛い…そして在宅ワークでライターとして働いている、という…はた目から見たら十分に恵まれた生活を送っていた仁科志保(佐津川愛美)でしたが、彼女はその頃誰にも言えない問題を抱えていました___夫が、自分を抱いてくれない、という切ない悩みだったのです。

夫婦円満レシピ原作のネタバレありで最終回結末がどうなったのか、あらすじについても調査しました!

夫婦円満レシピ原作ネタバレあらすじは?

セックスレスに悩んでいた志保(佐津川愛美)に、浩介(千賀健永)はその関係を打破するためとして”アクアリウム”というスワッピングパーティに参加することを提案しました。

最初は驚いて引いてしまい、乗り気になれなかった志保でしたが、浩介は強引に彼女を誘い、参加するようになったのです。

思いがけない刺激に、少しずつ夫婦の関係は改善したかにみえましたが、強烈な体験をするとその刺激が忘れられなくなり、次第に身近な人とそういう時間を持つようになっていったのです。

最初は否定的だったスワッピングに志保が乗り気になってくると、今度は独占欲と嫉妬心から不安に苛まれるようになった浩介…。

もともと”妻だけED”をなんとかしようと模索する中でたどり着いたスワッピングという行為だったのに、もしも志保がその世界に溺れてしまっているのだとしたら…?と疑心暗鬼になった浩介は、同じくセックスレスに悩む”ルームシェア夫婦”の妻である隣家の橋本麻衣と深い関係に陥ってしまったのです。

そして麻衣は志保のことを「自分の夫と”そういう関係”になっている」と浩介にささやき、次第に浩介は嫉妬から麻衣との関係にずぶずぶとハマっていったのでした。

夫婦円満レシピ原作最終回結末は?

夫婦円満レシピ原作は現在まだ完結を迎えていないため、最新話のあらすじをご紹介しますね。

原作最新話あらすじ

妻に対してだけ体が反応しないことに悩む夫・仁科浩介、そして二人目の子供を望んでいながらも、そんな夫に抱いてもらえないと嘆く妻・志保…そんな二人が足を踏み入れたのは”夫婦交換パーティ”でした。

その”アクアリウム”というクラブに、最初は拒否していたはずの志保も、次第に浩介の申し出を受け入れるようになったのです。

そんな志保の周囲には、それぞれ事情は異なるながらも、夫との関係に悩むママ友がいて、日常の何気ない会話から互いの想いを知ったり、危ない世界に足を踏み入れることになったり…。

そして、自らが”妻だけED”を解消するために志保をスワッピングに誘ったはずの浩介だったのですが、志保が次第にそういう世界に積極的になったことで、不安に陥っていました。

割り切って他者とそういう関係を結び、自分たちの夫婦関係を改善していくつもりだったのに、志保に対する猜疑心が生まれ、そして自分も隣家の妻の麻衣と彼女の家で行為に及んでしまうのです。

志保の周囲のママ友たちもその生活の綻びが大きくなり、さまざまな選択を迫られていました。

そして、浩介自身もまた麻衣との関係に溺れていき、志保との間に大きな壁ができてしまったのです。

最終回結末予想

「二人目の子供が欲しい」とか「自分を愛してほしい」というごく当たり前の気持ちを持っていた志保が陥ってしまったタブーの世界。

言い出した浩介は志保を想っていたはずが、他の女に夢中になり、とうとう夫婦の間には亀裂が入ってしまう…そんな予感がします。

周囲のママ友たちもそれぞれに抱えた生々しい悩みが描かれており、次第に引き返せないところに踏み込んでいくような怖さがじわじわと伝わってきます。

志保に、心穏やかに過ごせる家族の日々は訪れるのでしょうか。

まだ原作が終わっていないので、ドラマオリジナルの展開も期待できますね。

夫婦円満レシピ原作ネタバレあらすじは?最終回結末は志保と浩介が復縁する?まとめ

・浩介は志保との”妻だけED”を解消するためスワッピングパーティ”アクアリウム”に参加しました

・夫婦関係の改善を図るための行為が裏目にでて、浩介は隣家の妻・麻衣と抜き差しならない関係に陥っています

WEBマンガサイトで絶大な人気を誇る作品ですが、ファンからは「自担のキスシーンに耐えられるか…」や「最近のジャニーズは攻めてるな」という意見も多数見られます。

しかし主演の佐津川さん、千賀さんともに大変意欲的なので、いろんな意味でドロキュンを楽しめるドラマになりそうです。

他のキャストさん発表がこれからなので、二人に絡むキャラクターが誰になるのかも楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました