祈りのカルテ原作ネタバレあらすじは?最終回結末は?

番組

祈りのカルテ原作のネタバレありで最終回結末がどうなったのか、あらすじも気になりますよね。

祈りのカルテ が2022年10月に放送開始・制作発表がありましたね!

主演の玉森裕太さんが演じる研修医の諏訪野良太がカルテを通してさまざまな患者たちの秘密を解き明かしていくハートウォーミングなミステリーです。

祈りのカルテ原作のネタバレありで最終回結末がどうなったのか、あらすじについても調査しました!

楽天ブックス
¥704 (2022/09/11 20:52時点 | 楽天市場調べ)

祈りのカルテ原作あらすじは?

諏訪野良太(玉森裕太・Kis-My-Ft2)純正医科大学付属病院の研修医一年目


今は初期臨床研修でさまざまな科を回っています。

そこで彼はいろいろな患者たちと対峙していました。

そんな諏訪野の特技は相手の顔色を的確に読み、その心の内側を読み取ること。

彼は幼い頃に実父と死別し、母が再婚したことで義父との関係に悩み、ずっと”良い子”として生きてきたことからそんな特性を身に着けてきたのです。

人に対する好奇心旺盛な諏訪野は、他の医師には見えないその裏側にある事情を見出して癒し、病気だけでなくさまざまなトラブルも解決に導いていくのです。

そこにいたのは夫のDVから逃れるために病院に逃げ込む女。

孫娘の大学進学のためにリスクの高い手術を選択して保険金を受け取ろうとする老人。

好きな男のためにタトゥーを消そうとする女。

親からの代理ミュンヒハウゼン症候群で緊急入院する少女。

自らの腎臓を妹に移植してほしいと望む女優___。

それぞれの患者に寄り添い、最適な選択を見出していく諏訪野の姿を追った秀逸な”連作医療ミステリー”です。

彼はその中で自分の人生と医師としてのキャリアを見つめ、初期臨床研修の先に何を専攻していくかを懸命に考えていました。

祈りのカルテ原作ネタバレ最終回結末は?

「祈りのカルテ」では5話の短編集でした。

そしてそこでの経験をもとに、循環器内科医となった諏訪野が5年後に過去を回想するかたちで語られているのが続編の「再会のセラピー」です。

学会で学生時代の親友・小鳥遊(たかなし)優とその後輩の研修医・鴻ノ池舞に会った諏訪野が酒の席で問われた過去の経験を語るのです。

救命救急部で当直していた時に運び込まれてきた男・秋田竜也は以前にも救急搬送されてきましたが、入院の必要が認められずに帰らされていたという経緯がありました。

諏訪野は、秋田が自らにインシュリンを過剰に注射して倒れて見せ、この病院に入り込んだのだと考えたのです。

その目的は、とある患者に接触することだった、という『救急夜噺』

研修医時代に出会った”変わった研修医”として美容形成外科の三上と、顎の骨を削る手術を希望していた女優の月村空良を描いた『割れた鏡』

そして、諏訪野が研修期間最後の時期に経験した緩和ケア科での忘れられない出会いと事件のことを語った『25年目の再会』

そんな経験を積み、キャリアを重ねて30歳の諏訪野が出来上がったのだということが伝わってくる構成でした。

今回の連続ドラマでどこまでを描くかはまだわかりませんが、1冊目でドラマ、二冊目で続編のスペシャルドラマか映画だったら良いな、と思いました。

祈りのカルテ原作ネタバレ最終回結末は?あらすじをわかりやすく解説!まとめ

「祈りのカルテ」研修医の諏訪野良太が直面していく患者たちとの短編5話

「祈りのカルテ 再会のセラピー」は30歳の循環器内科医となった諏訪野が過去を回想する短編3話

諏訪野の同期の研修医には池田エライザさん、矢本悠馬さん、濱津隆之さんといった濃いめのキャストさんが並んでいます。

ドラマのサブタイトルが「研修医の謎解き診察記録」とあるように、病院の中を行き来する人々の裏側にあるさまざまな事件を諏訪野の目を通して見ていく物語になりそうです。

パイロットから研修医へと華麗な転身を遂げた玉森裕太くんのお芝居にご注目くださいね!

キスシーンについてはこちら >> 祈りのカルテ原作キスシーンは?原作何巻でどんな展開?

コメント

タイトルとURLをコピーしました