最初はパー原作ネタバレあらすじは?最終回結末でプロの芸人になれる?

番組

最初はパー原作のネタバレありで最終回結末がどうなったのか、あらすじも気になりますよね。

最初はパーが2022年10月に放送開始、制作発表がありましたね!

主演のジェシーさん(SixTONES)さんが演じる利根川豪太が裏社会の男・澤村銀平(市川猿之助)とお笑いコンビ”最初は、パー!”を結成し、プロの芸人を目指すという物語です。

最初はパー原作のネタバレありで最終回結末がどうなったのか、あらすじについても調査しました!

楽天ブックス
¥5,720 (2022/09/13 15:35時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

最初はパー原作あらすじは?

「最初はパー」は企画・原作・脚本秋元康さんによるものですが、その”原作”はこれまでに刊行されている書籍などではありません。

実質、秋元康さんの最新オリジナル作品と言っても良いでしょう。

利根川豪太(ジェシー・SixTONES)は政治家・利根川周郎(橋本じゅん)の長男で、周囲は父親の跡を継ぐべく政治の世界に進むことを求めていましたが、本人はそんな大人たちに反発してお笑いの世界に飛び込むことに。

そうして入った大黒芸能お笑い養成所で彼が出会ったのはすべてが豪太とは正反対の男でした。

澤村銀平(市川猿之助)は強烈な個性の持ち主の怪しい男でしたが、お笑いを志すまで裏社会で生きてきたという強面でした。

ひょんなことから二人はコンビ「最初は、パー」を結成してプロのお笑い芸人を目指すことになったのです。

ここでは企画・原作・脚本の秋元さん演出の根本和政さんについてご紹介します。

企画・原作・脚本:秋元康

秋元康さんは放送作家作詞家音楽プロデューサーなど、いったいいくつの肩書を持つか分からないほどにマルチな才能を発揮し続ける才能豊かな人です。

今回は企画・原作・脚本までを一人で手掛けているという驚異的な事実。

1980年代から今に至るまで、40年以上もの長期に渡って、芸能界の第一線で働き続けている彼の仕事量は凄まじいばかりです。

おニャン子クラブから始まってAKB48グループ坂道シリーズ、数々のアイドルやアーティストらとのコラボをはじめとする音楽活動は現在も新しい才能を発掘し続けています。

また最近では社会現象まで巻き起こした「あなたの番です(2019年)」シリーズや「真犯人フラグ(2021年)」、「漂着者(2021年)」、「浅草キッド(2021年)」など、信じられないほどのハイレベルな仕事の数々が並んでいます。

今年だけでも「ユーチューバーに娘はやらん!」や「赤いナースコール」など、彼のプロデュースする作品はほぼ一年を通して途切れることはないのです。

そんな彼がプライベートでも親しい付き合いがあるジェシーのために企画した本作です。

面白くないわけがありません!

演出:根本和政

根本和政監督初監督作品だった2016年公開の映画『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』でSixTONESのメンバー、ジェシー松村北斗田中樹をキャスティングして、彼らのためにオリジナル作品を作り上げたというご縁がありました。

過去に手掛けた作品としては「アンフェア(2006年~)」シリーズ、「ミナミの帝王(2010年~)」シリーズ、昨年放送されて静かなブームになった「その女、ジルバ」や現在放送中の「テッパチ!」などがあります。

ジェシーともとても仲良しで、ツイッターのアカウント名にもなっている”strap”(ニックネーム)もジェシーに由来するものだという逸話があったのだとか。

そんな仲良しっぷりを公言している監督ですから、きっとジェシーの魅力をたっぷり引き出すドラマに仕上がることでしょう!

最初はパー原作ネタバレ最終回結末は?

利根川豪太(ジェシー)は有名な政治家である父親・周郎(橋本じゅん)の長男でした。

「国民を笑顔にさせる政治家」として多くの支持を集めていた父でしたが、その実情は家族に対して強圧的で、豪太に対しても自分の跡を継ぐことを強要しようとしていたのです。

そんな父親に反発した豪太はお笑い養成所に入学したのです。

新しい人生を求めて飛び込んだそこで、豪太は澤村銀平(市川猿之助)に出会い、”最初は、パー!”というコンビを組むことになりました。

そこにいたのはクセ強めの鬼講師・相田(小藪千豊)やエリートの身分を捨てて飛び込んだ元官僚・市毛(迫田孝也)、明るいイケメンの小塚(基俊介・IMPACTors / ジャニーズJr.)、コミュ障から脱却したいと願う美少女・雨宮(賀喜遥香・乃木坂46)ら、さまざまな同期生たち。

相方の澤村自身もここに来るまで裏社会で生きてきたらしいという謎めいた人物だったのです。

生まれも育ちも全く正反対の二人が出会った時、そこでどんな化学変化が起こるのか。そこにいられる期限は半年。

果たして、彼らはそこで何を学び、そしてプロの芸人としてデビューすることはできるのか…?!

そんな人生をかけた戦いの日々が始まったのです。

最初はパー原作ネタバレ最終回結末は?あらすじをわかりやすく解説!まとめ

・「最初はパー」の企画・原作・脚本秋元康さん

・演出は『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』の根本和政監督

「最初はパー」はお笑いが大好きなジェシーの存在をもとに、秋元康さんが企画を立案したところから始まりました。

ジェシーと秋元さんはこれまでも「私立バカレア高校」にも出演しており、二人はプライベートでも仲良しだということで、ジェシーのキャラクターがあってこその企画だということが判ります。

「緊張とプレッシャーが半端ないけど、お笑いの物語に関われて嬉しい!」というご本人のコメントもありました。

その”笑劇”ドラマが幕を開けます!

出演:SixTONES
¥5,018 (2022/09/13 15:37時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました