住谷文子(統一教会)の写真は?てっしーの妻で元女優との馴れ初めについても!

新興宗教関連

住谷文子(統一教会)の写真は?勅使河原秀行(テッシー)の妻で元女優との馴れ初めが気になります!

1992年に山崎浩子さんと合同結婚式をしたものの、翌年には山崎浩子さんが脱会したことでお嫁さんに逃げられた形となった勅使河原秀行さん。

2022年9月22日には統一教会として会見を開き、ミヤネ屋では常時ライブ中継をしていて「久しぶりにてっしーが出てる!」と話題となっていました。

勅使河原秀行(テッシー)の妻で元女優の住谷文子(統一教会)の写真や馴れ初めについて調査しました!

住谷文子(統一教会)の写真は?

勅使河原秀行(テッシー)さんとご結婚された住谷文子(統一教会)の写真は調査しましたが結婚当初や現在のものも含め、写真は見つかりませんでした。

勅使河原秀行さんと住谷文子さんは1995年に合同結婚式に参加し、結婚しています。

住谷文子さんはご結婚前は統一教会の劇団「世界家族芸術団」に所属し、とても美人な女性で女優として活躍されていました。

その当時の写真などが残っていれば拝見することはできるかもしれませんが、会員の個人情報などの面で公には出していないのかもしれませんね。

住谷文子(統一教会)のプロフィールは?

住谷文子さんのプロフィールについて調査しましたが、あまり詳しいことはわかりませんでした。

数少ないわかっている情報についてはこちら。

  • 統一教会の劇団「世界家族芸術団」に所属し女優として活躍。
  • 住谷文子さんの父親が統一教会幹部。
  • 勅使河原秀行さんと合同式で結婚。
  • お子さんは4人。

勅使河原秀行さんも若いころはイケメンで礼儀正しい態度だったことから当時とても人気だったようです。

住谷文子さんも美人というお話なので、お子さんはきっと整った顔立ちを皆さんされているかもしれませんね。

住谷文子と勅使河原秀行(テッシー)の馴れ初めは?

勅使河原秀行さんは1995年に再度合同結婚式に参加し、住谷文子さんと結婚します。

統一教会では合同結婚式で婚姻する場合、当時は事前に教祖の文鮮明が写真を見てカップルを決める「マッチング」を行います。

その後統一教会から婚約者となった相手の写真が送られて来て、そこでどんな相手と結婚することになったのか初めてわかります。

その後約婚式といって、一般的な結婚式と同じような手順(祈祷、父母などの言葉、贈り物の交換、約婚誓約書への署名など)を行うため、顔を合わせた機会は約婚式の段取りを決める段階が初めてだったかもしれませんね。

ちなみに現在は教祖の方が亡くなっているため、マッチングアプリなどを利用して親同士のお見合い→子のお見合いという流れになっているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました